AGA治療薬デュタスについて

デュタス(Dutas)はAGA治療薬のジェネリック医薬品で、インドのDr.Reddys laboractories社が製造しています。
Dr.Reddys laboractoriesはジェネリック医薬品の世界的有名企業で、2011年には日本の富士フィルムと業務提携を結んでおり、メーカーとしては十分信頼できると思われます。効き目、品質、安全性については保障されています。
他にも、デュプロスト ・アボルブ(アボダード)などのジェネリック医薬品が販売されています。

デュタスの成分デュタス
AGAの原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)とは非常に強い男性ホルモンであり、これが頭皮内にあるアンドロゲンレセプターと結合することで増殖抑制因子TGF-βが発生します。このTGF-βが毛乳頭に脱毛命令を出す事で髪の毛が細くなり、抜けてしまいます。
そして、このDHTはテストステロンと還元酵素である5α還元酵素が結合することによって生成されます。5α還元酵素によって、DHTがつくられ、男性型脱毛症AGAを引き起こし、薄毛になります。デュタスの主成分であるフィナステリドは5α還元酵素のうち2型だけブロックしますが、デュタステリドは1型と2型の両方ブロックします。

服用方法と注意事項
デュタスの服用は食事に関係なく使用することが可能です。服用方法として、1日1回、24時間開けてに飲みましょう。とくに髪は眠っている間に成長するので就寝前に飲むことをおすすめします。
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに使用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は使用しないでください。
※2回分を一度に使用しないこと。
十分な効果を得るためには一定期間以上の服用が必要です。症状がよくなっても、勝手に服用を中止しないでください。
デュタスは、カプセルを噛んだり、開けたりせずに飲んでください。
女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないでください。もし、漏れた薬剤に触れた場合は、ただちに石鹸と水で洗い流してください。
デュタスの副作用

デュタスはデュタステリド配合の育毛剤であるために、デュタステリドがもたらす副作用がそのままデュタスの副作用となります。
副作用として、主に
異常な胸の膨らみ、または胸の圧痛
性的欲求の減退
射精困難
脱毛
蕁麻疹(じんましん)
勃起障害
まぶたの腫れ
勃起不全やリビドー減退などの性能力に関する副作用ですが、先発薬であるプロペシアでも報告が挙がっている副作用です。両方とも5αリダクターゼを阻害するという効果を持つので、それが何らかの形で性衝動に影響を及ぼすのでしょう。

オススメ:AGA治療薬通販|海外育毛剤|薄毛改善