10代・20代薄毛に?

30代から50代、そして以上の年齢層でハゲの問題が出てきますので、私はまだ若いから、薄毛になることがないと考えている若者がたくさん存在しているかもしれません。しかし、若いから、本当に大丈夫ですか?実は、最近、10代や20代はハゲになってしまう人が急に増えています。以下、若い人はハゲになってしまう原因及び対策を紹介します。

若ハゲになってしまうのはなぜ?
①10代・20代は男性ホルモンの分泌が活発になります。男性ホルモンは成長に欠かせないもので、毛髪を薄くする作用があります。多量に分泌されることで薄毛に大きな影響を与えます。
②食事や睡眠を乱れてしまいます。食事や睡眠は頭皮環境に大きな影響を与えるため、栄養素が偏った食事や不規則・不十分な睡眠時間には注意が必要です。特に近年はファストフードの普及によって栄養の偏りが生じやすく、さらにはスマートフォンやパソコンの普及で睡眠不足が起こりやすくなっています。
③ストレスも重要な原因なんです。ストレスを感じると交感神経が刺激され、その結果、血管が収縮することで、頭皮や髪に必要な血液・栄養素がうまく送りません。それで、髪の成長を阻害ます。

上述のように若い人は薄毛になるさまざま原因があります。それに対して、どんな対策が必要と考えられますか。日頃からの注意が必要です。生活習慣の改善です。
①食事は栄養素をバランスして、摂取します。薄毛対策を意識する場合には頭皮や毛髪によい成分を積極的に摂取します。例えば、亜鉛やビタミン類、タンパク質などがあげられます。
②睡眠時間は人によっても異なりますが、22時から2時の間は髪の成長する時間のため、この時間帯に眠っておくのが望ましいとされています。または、眼精疲労で、頭皮の血行不良を招く可能性があります。遅くまでスマートフォンやパソコンなどを使用するのは避けてください。
③頭髪の環境を整えることも、薄毛対策として効果があります。頭髪によいシャンプーを使うという対策もあります。

若い世代でも薄毛になる意識しにくいと言えますけど、近年は生活習慣が乱れることも多いことから、若い世代であっても薄毛には注意が必要です。もしもAGAの症状が現れたら、できるだけ早く治療を始める必要があります。放っておくなら、薄毛が進行するからです。